人気のある仕事に就職する場合は資格が必要な場合もあります

男性にモテる仕事とは?~母性本能を発揮してモテモテになろう!~

  • TOP
  • >
  • 女性が働きやすい条件

男性にモテたいなら目指したい職業

男性にモテたいなら、仕事選びも重要です。できるだけモテるように意識をすると、将来理想のパートナーを選ぶことができ、結婚出産をして、素晴らしい人生を送ることができますよ。

男性からモテる職業

男性からモテる仕事をいくつか挙げてみました。華やかな職業など様々な職業がありますね。

  • 保育士
  • 看護師
  • 栄養士
  • 公務員
  • モデルやアナウンサー
  • キャビンアテンダント
  • 受付嬢

男性から見て、女性に就いてほしい職業は主に、女性の優しさや母性本能を存分に生かせる職種が人気があります。女性が気にする収入面ですが、男性は特に気にしない人がほとんどです。

その職業に惹かれる訳とは

なぜ男性はこれらのような職業に魅かれるのでしょうか。その理由を探っていきましょう。

保育士なら子育てもしっかりしてくれそうです(32歳/男性)

保育士の仕事をしている人は、とても家庭的で子育てが上手な印象があります。男って30歳を越えると、少しずつ結婚のイメージをし始めるんですよ。そんな時に彼女が保育士だったら、普段から子供と接する仕事をしてるから子育てにも慣れているだろうなって考えます。この人と結婚をしても、料理もちゃんと作って子育てもしっかりしてくれそうだなって想像しちゃいます。

看護師は優しく接してくれるイメージがあります(27歳/男性)

もし彼女が看護師だと、自分の体調が悪い時に頼りになりそう!普段から患者さんと接しているから、自分にも優しくしてくれそう!と妄想が膨らみます。自分が体調を崩している時に、体調が良くなるようなアドバイスや、身体に良さそうなものを差し入れをくれると、イチコロですよ!

毎日美味しい料理が食べたいので(26歳/男性)

料理が上手なのって、男性にとって理想の女性だと思うんです。栄養士だと栄養管理もしっかりできるので、ポイントアップになりますね。料理上手だと、毎日家に帰るのも楽しくなるじゃないですか。もし子供ができたとしても、バランスの良い食事をササッと作れそうなので、栄養士の女性はかなり良いですね。

男性にモテる職業に就くには

これらの職業に就くために必要なことは何なのでしょうか。ここでは一例をご紹介します。

保育士
保育士として働くには、必ず保育士の資格である国家資格が必要になります。保育士の資格を取得するには大学や専門学校へ行き、卒業をして試験をパスするか、保育士試験を受けて合格するという方法があります。大学や専門学校は、2年生の短大、4年制の大学などがあります。保育士試験は、学校を卒業していなくても受験は可能ですが、合格率10%前後と難しい試験です。
看護師
看護師として働くには、看護師資格である国家資格が必要です。看護師の資格を取得する方法は1つしかなく、国が定める学校を卒業し、看護師国家試験に合格することが条件です。学校は3年制の短大、4年制の大学、専門学校があります。看護師は常に人材不足なので、働き場所に困ることはありません。
栄養士
栄養士として働くには、国が指定した栄養士養成施設を卒業することが条件です。この施設というのは、2~4年制の短大や専門学校、4年制の大学があります。栄養士よりさらに上のランクの資格もあり、管理栄養士というものがあります。この資格は栄養士の資格を持っていないと取得することができないので、仕事の幅や待遇面も広がります。

働きやすい条件とは?~職場選びも重要~

自分のなりたい職業を選んだからといって、安心してはいけません。働きやすさを考えて職業選びをするようにしましょう。ここでは、職業選びのポイントをご紹介します。

どの職業でも就職先によって働きやすさが変わる

スーツを着た人たち

同じような職種でも、会社によって雰囲気や給与形態が異なります。もちろん会社の将来性や経営方針も違ってくるので、働きやすさが左右されます。希望の職種の仕事に長く務めるためにも、会社の雰囲気をしっかりと把握し、自分に合った就職先を見つけるようにしましょう。

働きやすい条件

女性の場合だと、結婚出産をしても働き続けることはできるか、育児休暇や短時間勤務の制度が整っているかどうか、が働きやすい条件になります。また、過去に育児休暇を取得して、仕事に復帰した人はどれぐらいいるのか確認することも大切です。まだまだ少ないですが、女性が働きやすいように待遇を整えている企業もあります。そこに着目して職選びをしてみるのも良いでしょう。

働きやすい職場を探す方法

働きやすい職場とはどういった企業なのでしょうか。ここでは女性が働きやすいかどうか、見極めるポイントをお教えします。



働きやすさに男女比は関係しますか?
働きやすい職場を見極める際に、その企業の男女比を見てみるのも1つのポイントです。一番良いのは男女比が半々に近い、バランスの取れた職場です。どちらか一方に偏っていると、疎外感を感じたり、コミュニケーションがとりづらくなってしまいます。また、年齢層を見て、自分と同じぐらいの年齢の人が働いているか確認をするようにしましょう。
キャリアアップを目指す場合どこを見ればいいですか?
就職をするなら、キャリアアップを目指したい!という女性も多くいます。就職したい企業に、女性の管理職はいるのか確認をしましょう。業務内容や部署によって、女性のキャリアアップのしやすさに違いがあるので、自分がキャリアアップしやすそうな職場を選ぶようにしましょう。
育児休暇があると書かれていれば安心ですか?
育児休暇や産休制度があるけど、取得しにくいというのが現実です。そんな中で、産休の取得率が高く、産休後の復職も多く行なわれている、という企業は女性にとって大変働きやすい職場だと言えます。中には男性の育児休暇を積極的に実施している企業もあるので、男性が育児休暇を取得している実績があると安心できますね。

TOPボタン