人気のある仕事に就職する場合は資格が必要な場合もあります

女性が求める仕事の条件って何?~やりがいを感じることが大切~

  • TOP
  • >
  • やりがいがある仕事

職業を選ぶときに考えたいこと~多くの女性が求める条件~

女性の人生を長い目で見ると、就職の他に結婚や出産などの重大イベントがあります。それを含めて就職先を考えるのがベストな方法でしょう。ここではまず、仕事選びで重要なポイントをお教えします。

女性職業選びで求めること

多くの女性が、仕事で求めることをいくつか挙げています。非常に重要なことなので参考にして考えてみましょう。

人間関係
就職後に、その職場に長く務めるかどうかを大きく左右するものが人間関係です。どんなに給料や待遇が良い職場でも、上司や同僚が悪く、イジメや噂話が絶えない職場なら、出勤するのが嫌になりストレスが溜まります。給料が良くなくても人間関係が良好なら、賃金の低さも気にならないという人もいるほどです。
やりがいがある
仕事のモチベーションを保つには、やりがいを感じることが大切です。仕事というのは、大きく言うと同じ仕事を毎日続けることなので、本当に自分が好きなやりがいを感じる仕事でないと続きません。そのため、給料が高くてもやりがいを感じない仕事なら続けるのは難しくなります。やりがいを感じるポイントとして昇進があります。中には時給制のアルバイトからスタートして、企業の代表まで登り詰めた人もいます。
賃金や安定性
女性の多くは、結婚出産をする人が多いでしょう。それを考えると、産休などの待遇があり、出産後もスムーズに仕事復帰ができる仕事に就くのが良いですよね。給料や安定性を考えると、転職は何度もできないので、しっかりとした待遇が整っている、安定した企業に就職するのが良いと言えます。
仕事と家庭の両立ができる
仕事を選ぶ際には、休日や勤務時間帯はどうなのかを確認することが大切です。長い目で見ると、女性は結婚や出産などのライフイベントがあるので、家庭と仕事の両立はできるのか考える必要があります。また休日がしっかりあると、充実した時間を過ごせるので、この辺りをしっかりと確認するようにしましょう。
男性にモテる職業
将来就きたい仕事がまだ決まっていない場合は、男性にモテる職業を参考にするとスムーズに決まることがあります。男性モテる仕事をして女子力アップすると、素敵な男性が現れるかもしれません。男性にモテる仕事というのは、実際に経験や技術を習得できる素晴らしい仕事ばかりなので、選択肢に入れて考えてみましょう。

やりがいを感じる職業とは?

仕事でやりがいを感じると、高いモチベーションを保つことができ、生活もイキイキとしてきます。ではどういった職種がやりがいを感じるのでしょうか。ここでは多くの女性がやりがいを感じる、職種をご紹介します。

やりがいで人気の職業

やりがいのある仕事の中で、特に人気のある職業をピックアップしました。気になる職種はありませんか?

  • 美容師
  • 貿易事務
  • エステティシャン
  • 看護師
  • アパレル店員
  • 介護スタッフ

どんなときにやりがいを感じる?

これらの職に就いている中で、どのような場面でやりがいを感じるのでしょうか。以下では実際の声をご紹介します。

お客さんに感謝されるとやってて良かったと思います(24歳/女性)

以前接客したお客様が、また私に会いに来て「○○さんに会えて嬉しい、あなたと話すと楽しいわ」と名前を覚えていてくれて、会いに来てくれたときは最高に嬉しかったです。また今までで一番良い接客だと褒められて、笑顔も素敵だと言ってくれました。このお客様は、それから何度も来店されて話をしにきます。もちろんたまに商品を購入してくれるので、お店にも貢献できてやりがいを感じれて一石二鳥です。

努力が認められると嬉しいです(27歳/女性)

繁忙期になり、急な仕事が舞い込むことが多い中、私は必死に仕事をこなしていました。そんな中、私の動きを上司がしっかりと見てくれていて、仕事が落ち着いたときに、臨機応変な対応と素早い仕事をしていたと、感謝とお褒めの言葉を頂きました。それからその上司からは絶対的な信頼を頂いていて、仕事のモチベーションも上がって今の仕事にやりがいを感じています。

その職業になるには

職業によって、必要なスキルや必須資格などがあります。自分が就きたい職には何が必要かをよく考えてみましょう。

美容師
美容師になるには、美容師免許を取得する必要があります。この美容師免許がないと、カットやカラーをすることができません。美容学校を卒業して、国家資格に合格するのが最もスムーズな方法ですが、他にも美容室で働きながら資格を取得したり、アルバイトと勉強を同時進行して資格を取得したりする、といった様々な方法があります。
貿易事務
貿易事務の仕事に就くには、特に資格は必要ありません。しかし、海外の取引先とメールや電話で、伝達や調整をするので、コミュニケーション力や高い英語力、パソコンスキルが求められます。業務内容は様々とあり、企業によって業務の幅は異なりますが、基本的には輸出業に必要な各種手続きに関する業務などを行います。
エステティシャン
エステティシャンになるには、特に必要な資格はありませんが多くのエステティシャンは、民間のエステの資格を取得しており、独立をする際には技術を証明するものとして有効利用されています。このような資格は、学校や通信講座、実務で学んでから資格を取得することができます。就職を考えるなら、勉強と経験の2つが同時進行で進められる、学校がおすすめです。
TOPボタン